Ars cum natura ad salutem conspirat

ミュージアム コレクションⅢ「ぜんぶ1986年―世田谷美術館の開館とともに」関連企画

レクチャー「わたしの1986年」・・・【1】


1986年に誕生した「路上観察学会」の一員としての活動を、当時のご自身のお仕事やメンバーとの交流などを交えて振り返っていただきます。


出演: 南 伸坊(イラストレーター)
日時: 12月10日(土)14:00~15:00
申込方法: 当日12:30よりエントランスホールにて整理券を配付
会場: 講堂
定員: 先着140名
参加費: 無料
その他: 手話通訳付

ミュージアム コレクションⅢ「ぜんぶ1986年―世田谷美術館の開館とともに」関連企画

レクチャー「わたしの1986年」・・・【2】


1986年とはいかなる意味をもつか。『東京大学「80年代地下文化論」講義』の著者に、当時の東京における文化状況を中心に独自の視線でお話しいただきます。


出演: 宮沢章夫(劇作家、演出家、作家)
日時: 12月11日(日)14:00~15:30
申込方法: 当日12:30よりエントランスホールにて整理券を配付
会場: 講堂
定員: 先着140名
参加費: 無料
その他: 手話通訳付


武満徹 ピアノ独奏曲演奏会 高橋アキ


没後20年を迎える今年、武満徹のピアノ独奏曲を聴く
 
内部奏法を含むため演奏機会が極めて少ない「コロナ」を含む、出版されているほぼすべてのピアノ独奏曲を網羅するという極めて貴重な演奏会が、世田谷美術館で実現します。演奏は、武満徹の作品を弾いてデビューし、その後国際的に高い評価を受け続ける「日本を代表するピアニストの一人」高橋アキ。
本公演では、武満徹の音楽を聴くだけでなく、ゲストに作曲家の池辺晋一郎を迎え、高橋アキとの特別トークも実施します。武満徹と親しかった二人の演奏家達による対談は、武満徹という人物の素顔に迫る、興味の尽きぬものとなるに違いありません。
メモリアルイヤーに開催される、たった一回だけの貴重な公演です。

[主催]株式会社山石屋洋琴工房 ねもねも舎
[共催](公財)せたがや文化財団 世田谷美術館

■予定演奏曲目
リタニ ― マイケル・ヴァイナーの追憶に ― [1950/1989]
遮られない休息 [1952/1959]
こどものためのピアノ小品[1978]
ロマンス [1948-1949]
ピアノディスタンス [1961]
フォー・アウェイ [1973]
閉じた眼 ― 瀧口修造の追憶に ― [1979]
雨の樹素描 [1982]
閉じた眼II [1989]
雨の樹素描II ― オリヴィエ・メシアンの追憶に ― [1992]
ピアニストのためのコロナ [1962]

*曲順未定、曲目は変更になる可能性がございます。ご了承下さい。

チラシPDF


出演: [ピアノ]高橋アキ
[トークゲスト]池辺晋一郎(作曲家/(公財)せたがや文化財団 音楽監督)
日時: 2016年12月18日(日) 14:00開演(13:30開場)
申込方法: ●チケットぴあ:http://t.pia.jp/
 電話0570-02-9999(Pコード307893)
●マイチケ:http://myticketnavi.com/
●ねもねも舎:http://www.nemo2sha.com/
※チケットは完売いたしました
会場: 世田谷美術館 講堂
定員: 143名
参加費: 4,300円
その他: 本公演に関するお問合せは、ねもねも舎
メール mail@nemo2sha.com 電話070-4010-5552 まで


世田谷美術館30周年記念

「ボランティアと協働するワークショップ」 第1部 「事例報告」


※第1部、第2部いずれかのみの参加可

第1部では、国立科学博物館、ギャラクシティ(子どものための体験型複合施設)、世田谷美術館が、ボランティアと協働で行う様々なワークショップの事例報告と討議を行います。


出演: 国立科学博物館、ギャラクシティ、世田谷美術館
日時: 2017年1月22日(日)
第1部 13:00~14:30
申込方法: 事前申込不要。当日、会場へ直接お越しください
会場: 講堂
定員: 140名
参加費: 無料


世田谷美術館30周年記念

「ボランティアと協働するワークショップ」 第2部 「ワークショップ実演」


※第1部、第2部いずれかのみの参加可

第2部として、小さな子どもから大人まで、その場で参加できるボランティアによるワークショップを行います。
世田谷美術館からは「100円ワークショップ」より、カンバッチやらでん風ストラップ作りを、ギャラクシティからは、デジタル系ものづくりや工作、ゲームなどを行います。
お気軽にご参加ください。


出演: ギャラクシティ(子どものための体験型複合施設)、世田谷美術館
日時: 2017年1月22日(日)
第2部 15:00~17:00
申込方法: 事前申込不要
会場: 創作室
定員: 各50名(当日先着)
対象: どなたでも
参加費: 有料 ※ワークショップ毎に異なります


「開館30周年記念 コレクションの5つの物語」展関連企画

100円ワークショップ「名作列伝」


これまでに開催した100円ワークショップ全60種から、人気の企画を「名作」と銘打って週替わりで3種類ずつおこないます!

◇プログラム・スケジュールは、以下のチラシをご覧ください。
チラシPDF


日時: 展覧会会期中の毎土曜日13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 1回100円


世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.15


「トランス/エントランス」は、2005年にスタートした実験的なパフォーマンス・シリーズです。アール(曲線)を描く吹き抜けの天井、2階にいざなう大理石の大階段など、複雑で有機的な姿をみせる当館のエントランス空間と対話し、また「美術館」という場の意味や歴史からインスピレーションを得ながら、アーティストたちが冒険心あふれる作品を生み出しています。


出演: 鈴木ユキオ(振付家・ダンサー)ほか
日時: 2017年3月9日(木)・10日(金)各日20:00開演予定
申込方法: 申込フォームより、または当館へ電話
※1月14日より受付開始
会場: エントランス・ホール
定員: 各日80名程度(申込先着順)
参加費: 予約3,000円/当日3,500円(中学生以下無料)
その他: ※未就学児入場不可


Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.