imgntv

清川泰次記念ギャラリー

独自の抽象画の世界を探求し、立体作品や様々なデザインも手がけた清川泰次(1919-2000)のアトリエ兼住居を一部改築し、2003年11月に世田谷美術館の分館として開館しました。年3回程開催する収蔵品展を通じ、清川泰次作品を紹介し、また、区民の皆様の創作活動の発表にご利用いただける区民ギャラリーを併設しています。