imgntv

美術鑑賞教室

美術鑑賞教室とは

世田谷区立小学校(4年生)及び中学校(1年生)の美術鑑賞教室プロジェクト


「美術鑑賞教室」は、1986年の開館以来、世田谷区教育委員会と世田谷美術館とが協力して、子どもたちにとって美術館が身近な場所に感じられるように、という願いをこめて実施している事業です。世田谷区教育委員会の主催で地域すべての区立小学校(62校)と区立中学校(29校)の来館を受け入れています。小学校は4年生(年間約5000名)を対象とし、ほぼ1年を通し平日の午前中に授業の一環として学校単位で来館します。また中学校は1年生(年間約3000名)を対象とし、夏休みを中心に個別で来館します。

世田谷区教育委員会が、学校との調整や、美術館まで、徒歩でのアクセスが難しい小学校へのバスの手配を行ない、美術館側は、来館した子ども達のサポートを行います。小学生には『美術鑑賞ガイド』、先生方には『子どもと美術を楽しむために』というパンフレットを、中学生には『HOP STEP MUSEUM!』という鑑賞の手引きを学校を通じて事前に配布しています。

地域すべての子どもたちを対象とした美術館事業は全国でも非常に珍しく、世田谷美術館の教育普及事業の大きな特徴となっています。

キーワードで探す: