imgntv

これまでのイベント

2018.08.08

ミュージアム・セッション2018
トーク「美術をさわって見るには―世田谷美術館のための触図ができるまで」

「触図」アンリ・ルソー《フリュマンス・ビッシュの肖像》

「触図」アンリ・ルソー《フリュマンス・ビッシュの肖像》

「ミュージアム・セッション」は、2006年より「視覚障害者の美術鑑賞」をテーマに、海外の先進的な取り組みを地道に紹介してきたレクチャーシリーズ。豊富な事例から学びつつ、このたび当館ではアンリ・ルソー《フリュマンス・ビッシュの肖像》など、3点の絵画作品を「触図」にしました。

実際に制作にあたったのは、香川県立盲学校でユニークな美術鑑賞の実践を重ねた栗田晃宜(くりた・あきよし)さん。このトークでは、盲学校での実践、それを支えた考え方について伺ってから、当館の触図制作のプロセスをお話しいただきます。

チラシPDF
  • 出演 栗田晃宜(元香川県立盲学校教諭)、聞き手:塚田美紀(当館学芸員)
  • 日時 2018年8月8日(水)14:00~16:00(受付開始13:00、開場13:30)

    8月8日(水)午後2時より予定通り開催いたします。
  • 会場 講堂
  • 定員 当日先着140名
  • 参加費 700円(障害者とその介助者は無料)
  • その他 主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
    協力:特定NPO法人視覚障害者芸術活動推進委員会、ギャラリーTOM