imgntv

これまでのイベント

2019.02.16ー02.17

<宮本三郎記念美術館>
<実技講座>あざやかな衣装の人物を描く

田中曽女

田中曽女

生涯にわたり、魅力的な女性像を描き続けた画家・宮本三郎。この度の実技講座では、女性と花をモチーフに描く洋画家を講師に、プロのモデルを迎え、人物表現の基礎となるクロッキーと、着彩を学びます。
  • 出演 田中曽女[そめ](人物デッサン“みろ”の会代表)
  • 日時 ■2月16日(土)入門クロッキー編
     :鉛筆クロッキーを中心に、鉛筆クロッキー+淡彩も少しおこないます。

    ■2月17日(日)応用水彩画編
     :クロッキーを水彩絵の具で着彩し、1枚の作品に仕上げます。

    いずれも13:00~16:00 ※1日のみの参加可
  • 申込締切日 定員に達し次第、締め切り
  • 申込方法 以下をご明記し、メール、往復はがき、
    または直接ご来館にてお申込みください。

    (1)イベント名 (2)お名前 (3)ご住所 (4)電話番号

    ●メール
    miyamoto.event@samuseum.gr.jp

    ●はがき
    〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13
    宮本三郎記念美術館 イベント係

    ●ご来館
    10:00~17:30の間に美術館受付へお越しください。
    注)ご来館の場合は、休館日(月曜日※祝祭日の場合は翌日)の受付ができません。ご注意ください。


  • 会場 世田谷美術館分館・
    宮本三郎記念美術館
    (住所:東京都世田谷区奥沢5-38-13)
    ※会場は世田谷美術館ではありません
  • 対象 一般
  • 定員 各日とも、申込先着12名
  • 参加費 各日2,500円
    ただし、両日参加の場合は2日で4,000円(初日に全額を申し受けます)

    ※展覧会観覧料込み
  • その他 モデルは着衣です。

    ●画材は各自でご持参ください。

    【持ち物】※16日と17日とで、持ち物が異なります。

    入門クロッキー編(16日)

    (1)スケッチブック・・・サイズは任意ですが6号程度がお勧めです。
    (2)鉛筆(B~6B)、コンテ、木炭など (他に使い慣れた画材があれば、あわせてお持ちください)
    (3)練り消しゴム
    (4)透明水彩絵の具(12色以上)★固形
    ※筆はご用意いたしますが、使い慣れたものがあればお持ちください。
    (5)ボロ布

    応用水彩画編(17日)

    (1)透明水彩絵の具(12色以上)★固形
    (2)丸筆数本、平筆、あれば刷毛(5mm~4、5センチ程度)
    (3)B~2Bの鉛筆(他に使い慣れた画材があれば、あわせてお持ちください)
    (4)練り消しゴム
    (5)ボロ布
    (6)クロッキー帳など(手慣らし用の紙)・・・サイズは任意ですが6号程度がお勧めです。
    ※仕上げ用の紙は別途、ご用意いたします。

    ★固形の透明水彩絵の具が無い場合は、チューブの水彩絵の具を2~3日前にパレットへ出して固めてからお持ちください。

関連する宮本三郎記念美術館展覧会