imgntv

これまでのコレクション展

終了

2013.01.25 - 04.21

ミュージアム コレクション2012-III
高橋秀の世界 版画 1959-2010

開催概要

高橋秀(1930~)は、1950年代より美術家としての道を歩み始め、1963年には政府招聘留学生としてイタリアに渡ります。以降、イタリアを拠点とし、独自の造形世界を創造してきました。このたび、数多くの版画作品の寄贈を受け、本展では、その全貌をご紹介します。また梅原龍三郎が描いた高峰秀子像もあわせてご紹介します。

*コーナー展示 梅原龍三郎が描いた女優・高峰秀子

基本情報

会期:
2013年1月25日(金)〜4月21日(日)
開館時間:
10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:
毎週月曜日
会場:
世田谷美術館 展示室

観覧料

(個人)
一般 200円/65歳以上 100円/大高生 150円/中小生 100円
(団体)
一般 160円/65歳以上 80円/大高生 120円/中小生 80円
  • 団体は20名以上(事前にご連絡下さい)
  • 小・中学生:土曜、日曜、祝・休日及び夏休み期間は無料
  • 障がい者の方:個人は100円(団体は80円)。ただし小中高大学生の障がい者は無料。介助者(当該障がい者1名につき1名)は無料
  • 学生証・障がい者手帳など、確認できるものをご提示ください

開催概要

高橋秀(1930~)は、1950年代より美術家としての道を歩み始め、1963年には政府招聘留学生としてイタリアに渡ります。以降、イタリアを拠点とし、独自の造形世界を創造してきました。このたび、数多くの版画作品の寄贈を受け、本展では、その全貌をご紹介します。また梅原龍三郎が描いた高峰秀子像もあわせてご紹介します。

*コーナー展示 梅原龍三郎が描いた女優・高峰秀子

キーワードで探す: