imgntv

これまでの企画展

終了

2009.09.12 - 11.29

オルセー美術館展
パリのアール・ヌーヴォー
―19世紀末の華麗な技と工芸―

開催概要

華麗なパリのライフ・スタイルをオルセーの名品によって紹介

「アール・ヌーヴォー」は19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に一世を風靡した装飾様式です。近代的な大量生産方式が主流となっていく時代に、生活の美を見つめなおし、装飾や工芸を芸術の域まで高めました。主に、建築や工芸にあらわれ、流れるような曲線が織りなす優美なデザインは、今でも多くの人々を魅了してやみません。
アール・ヌーヴォーが花開いた1900年に、パリ万国博覧会の開催に合わせて完成したオルセー駅。この駅舎を改築し、19世紀美術の殿堂として今日公開されているのがオルセー美術館です。本展は、同館の誇るアール・ヌーヴォー・コレクションから、エミール・ガレ、ルネ・ラリック、エクトル・ギマールなど巨匠たちの名品を中心に、選りすぐりの約150点をまとめて紹介する、国内初の展覧会となります。本展では、お客様をお迎えするサロンに始まり、ダイニング・ルーム、書斎、貴婦人の部屋とつづく各コーナーに、当時ヨーロッパの最高水準に達していたというパリの工芸技術によって制作された、豪奢な工芸、家具、装飾品などが展示されます。お客様には、あたかもパリの豪華な邸宅に招かれたかのような体験をしていただくとともに、印象派絵画だけにとどまらない、オルセー・コレクションの奥深さとその新たな魅力をご堪能いただけることでしょう。

基本情報

会期:
2009年9月12日(土)~11月29日(日)
休館日:
月曜日[ただし9月15日-27日は無休]
開館時間:
午前10時~午後6時(入場は閉館の30分前まで)
会場:
世田谷美術館 1階展示室
主催:
世田谷美術館、オルセー美術館、読売新聞社
後援:
外務省、フランス大使館、TOKYO FM
協賛:
大日本印刷
協力:
エールフランス航空、日本航空

観覧料

一般1,300(1,000)円、大高生/65歳以上1,100(800)円、中小生600(400)円 
( )内は20名以上の団体料金
チケット販売所:当館ミュージアムショップ、電子チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、サークルK・サンクス、ファミリーマート 他
9月12日以降は当日料金にて販売。

障害者のある方は、受付での手帳ご提示で以下の観覧料となります。障害者(一般、65歳以上)当日600円(20名以上の団体400円)、障害者(小・中・高・大学生)無料、介助の方 障害のある方1名につき1名 無料

開催概要

華麗なパリのライフ・スタイルをオルセーの名品によって紹介

「アール・ヌーヴォー」は19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に一世を風靡した装飾様式です。近代的な大量生産方式が主流となっていく時代に、生活の美を見つめなおし、装飾や工芸を芸術の域まで高めました。主に、建築や工芸にあらわれ、流れるような曲線が織りなす優美なデザインは、今でも多くの人々を魅了してやみません。
アール・ヌーヴォーが花開いた1900年に、パリ万国博覧会の開催に合わせて完成したオルセー駅。この駅舎を改築し、19世紀美術の殿堂として今日公開されているのがオルセー美術館です。本展は、同館の誇るアール・ヌーヴォー・コレクションから、エミール・ガレ、ルネ・ラリック、エクトル・ギマールなど巨匠たちの名品を中心に、選りすぐりの約150点をまとめて紹介する、国内初の展覧会となります。本展では、お客様をお迎えするサロンに始まり、ダイニング・ルーム、書斎、貴婦人の部屋とつづく各コーナーに、当時ヨーロッパの最高水準に達していたというパリの工芸技術によって制作された、豪奢な工芸、家具、装飾品などが展示されます。お客様には、あたかもパリの豪華な邸宅に招かれたかのような体験をしていただくとともに、印象派絵画だけにとどまらない、オルセー・コレクションの奥深さとその新たな魅力をご堪能いただけることでしょう。

キーワードで探す: