imgntv

企画展

開催中
髙山辰雄《少女》1979年 個人蔵

企画展1階展示室

2018.04.14 - 06.17

人間・髙山辰雄展――森羅万象への道

開催概要

宇宙を視野に入れた壮大なスケールで人間存在の神秘や生と死の矛盾を問い、現代社会に生きる人間を描いた日本画家・髙山辰雄(1912-2007)。1951年より終生、世田谷の地を創作の拠点とし、戦後の日本画壇の最高峰として杉山寧、東山魁夷ともに「日展三山」と称されました。1982年に文化勲章を受章、没後10年を経た今日もなお、その深い精神性を湛えた絵画表現は高く評価され続けています。

本展は、大分県立美術館の所蔵作品を核とし、大分市美術館ならびに各所蔵者のご協力のもと、過去最大規模の約120点を集め、70余年にわたる髙山辰雄の画業を回顧します。貴重な学生時代のスケッチから、亡くなる前年の94歳にして初めて手がけた自画像まで、各時代の代表作を通じて、人間の本質を掴もうとした人間・髙山辰雄の芸術世界に触れていただければと思います。

基本情報

会期:
2018年4月14日(土)~6月17日(日)
※作品保護のため、前期・後期で大幅な展示替えを行います。
前期:
4月14日(土)~5月13日(日)
後期:
5月15日(火)~6月17日(日)
※一部の作品は上記以外に展示替えを行います。詳細は、下記の「出品リストPDF」をご覧ください。

開館時間:
10:00~18:00(入場は17:30まで)

休館日:
毎週月曜日 
※ただし4月30日(月・振替休日)は開館、翌5月1日(火)は休館。

会場:
世田谷美術館 1階展示室

主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
後援:
世田谷区、世田谷区教育委員会
特別協力:
大分県立美術館、大分市美術館
協力:
日本通運、損保ジャパン日本興亜
助成:
芸術文化振興基金助成事業

観覧料

(個人)
一般 1,200円/65歳以上 1,000円/大高生 800円/中小生 500円
(団体:20名以上)
一般 1,000円/65歳以上 800円/大高生 600円/中小生 300円
※団体は20名以上
※障害者の方は500円、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料

●リピーター割引
会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。

開催概要

宇宙を視野に入れた壮大なスケールで人間存在の神秘や生と死の矛盾を問い、現代社会に生きる人間を描いた日本画家・髙山辰雄(1912-2007)。1951年より終生、世田谷の地を創作の拠点とし、戦後の日本画壇の最高峰として杉山寧、東山魁夷ともに「日展三山」と称されました。1982年に文化勲章を受章、没後10年を経た今日もなお、その深い精神性を湛えた絵画表現は高く評価され続けています。

本展は、大分県立美術館の所蔵作品を核とし、大分市美術館ならびに各所蔵者のご協力のもと、過去最大規模の約120点を集め、70余年にわたる髙山辰雄の画業を回顧します。貴重な学生時代のスケッチから、亡くなる前年の94歳にして初めて手がけた自画像まで、各時代の代表作を通じて、人間の本質を掴もうとした人間・髙山辰雄の芸術世界に触れていただければと思います。

キーワードで探す: