imgntv

これまでの企画展

終了

2014.06.28 - 09.15

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
印象派を魅了した日本の美

基本情報

会期:
2014年6月28日(土)-9月15日(月・祝)
開館時間:
10:00-18:00(最終入場は17:30)
休館日:
毎週月曜日
*ただし7月21日(月・祝)、9月15日(月・祝)は開館、7月22日(火)は休館
会場:
世田谷美術館 1・2階展示室
主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、ボストン美術館、NHK、NHKプロモーション
後援:
外務省、アメリカ大使館、世田谷区、世田谷区教育委員会
協賛:
損保ジャパン・日本興亜損保、大日本印刷、トヨタ自動車、三井物産
協力:
日本航空、日本貨物航空
All Photographs©2014 Museum of Fine Arts, Boston.


展覧会公式HP
出品作品資料目録は、こちらです。

観覧料

一般1500(1300)円、65歳以上1200(1000)円、大高生900(700)円、中小生500(300)円 
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者の方は当日500円、団体300円、大高中小生の障害者の方は無料/介助の方1名までは無料、手帳をご提示ください

開催概要

印象派を魅了した日本の美

19世紀後半から20世紀初頭、西洋では浮世絵をはじめとする日本美術が大流行します。その大胆な構図、鮮やかな色彩は、西洋の美意識に根本的な革命をもたらし、ジャポニスムが生まれました。
本展は、修復後世界初公開となるモネの大作《ラ・ジャポネーズ》を始め、ボストン美術館所蔵の絵画、写真、工芸など約150点を紹介し、西洋の芸術家たちが、日本の美術から何を学び、新たな美を創造したのかを様々な角度から検証します。

関連イベント

+すべて表示(7件)
ー元にもどす

キーワードで探す: