imgntv

これまでの企画展

終了

2015.02.21 - 04.19

東宝スタジオ展
映画=創造の現場

基本情報

会期:
2015年2月21日(土)-2015年4月19日(日)
開館時間:
10:00-18:00(最終入場は17:30)
休館日:
毎週月曜日
会場:
世田谷美術館 1階展示室
主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
特別協力:
東宝株式会社
後援:
世田谷区、世田谷区教育委員会
助成:
公益財団法人朝日新聞文化財団

観覧料

一般1000(800)円、65歳以上800(600)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円 
*( )内は20名以上の団体料金
*一般の障害者の方は500円、大高中小生の障害者の方は無料、介助の方は1名まで無料

開催概要

世田谷は日本のハリウッドだった!

世田谷区砧(現・成城)の東宝スタジオは、トーキー前夜の1932年に設立された写真化学研究所(通称P・C・L)に始まり、P・C・L映画製作所として本格的に映画作りを開始。1937年には写真化学研究所、P・C・L映画製作所、東宝映画配給、J・Oスタヂオの4社が合併し、東宝映画株式会社が誕生。1943年に東宝株式会社となります。そして、この創造の現場は“東宝砧撮影所”の呼び名で親しまれるようになりました。1971年には現在の東宝スタジオへと改称、近年では業界随一の最新設備に改築されました。本展では、1954年に公開された2本の代表作、「ゴジラ」と「七人の侍」に注目し、“特殊撮影”や“東京の時代劇”を生み出した映画美術の魅力を探ります。また、美術デザイナー、衣裳デザイナー、作曲家など、映画製作に携わった様々なクリエイターの仕事もご紹介します。

会場風景

キーワードで探す: