imgntv

これまでの企画展

終了

2015.05.02 - 07.05

速水御舟とその周辺
大正期日本画の俊英たち

基本情報

会期:
2015年5月2日(土)-7月5日(日)
開館時間:
10:00-18:00(最終入場は17:30)
休館日:
毎週月曜日(ただし、この日が祝休日の際は開館し、翌日休館)、5月4日(月)~6日(水)は開館、5月7日(木)は休館。
*本展では前期(~5月31日)・後期(6月2日~)で大幅な作品の展示替があります。
会場:
世田谷美術館 1階展示室
主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
後援:
世田谷区、世田谷区教育委員会
協力:
日本通運、損保ジャパン日本興亜
出品協力:
青梅市立美術館、三溪園、滋賀県立近代美術館、茂原市立美術館・郷土資料館、横浜美術館

出品リスト

観覧料

一般1200(1000)円、65歳以上1000(800)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円 
※( )内は20名以上の団体料金
※一般の障害者の方は500円、大高中小生の障害者の方は無料、介助の方は1名まで無料
※リピーター割引(会期中):本展有料チケット半券のご提示で2回目以降の観覧料が団体料金になります。

開催概要

没後80年 日本画界の異才・速水御舟がめざした絵画世界の神髄に迫る

40年という短い生涯を疾風怒濤のように駆け抜けた天才日本画家・速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)(1894-1935)。御舟は歴史画から出発し、印象派の点描に似た新南画、中国の院体画を思わせる写実を極めた花鳥画、琳派の奥行を排した金屏風、渡欧後、西洋絵画の群像表現に魅せられ人体表現へと向うなど、画風を目まぐるしく変化させて行きますが、道半ばで夭折してしまいます。
本展は師の松本楓湖、兄弟子の今村紫紅、同輩でライバルの小茂田青樹、仲間の牛田雞村、黒田古郷、小山大月に、御舟一門の高橋周桑と吉田善彦を加え、御舟の作品と共に周辺作家の作品を一堂に集め、近代日本画の頂点のひとつともいえる御舟芸術がいかにして誕生したかを検証します。

会場風景

+すべて表示(1件)
ー元にもどす

キーワードで探す: