imgntv

企画展

次回
ブルーノ・ムナーリ《陰と陽》1953年 ジャックリーン・ヴォドツ・エ・ブルーノ・ダネーゼ財団蔵 ©Bruno Munari. All rights reserved to Maurizio Corraini stl. Courtesy by Alberto Munari Photo: Roberto Marossi. Courtesy Fondazione Jacqueline Vodoz e Bruno Danese

企画展1階展示室

2018.11.17 - 01.27

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

開催概要

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動を短い言葉で表すのは困難ですが、その作品は、どんなジャンルのものであってもシンプルな考え方から作られており、誰にでも(大人でも、子どもでも)親しめるものとなっています。本展覧会では、イタリア未来派に始まるムナーリの活動を、約300点の作品で振り返ります。

基本情報

会期:
2018年11月17日(土)~2019年1月27日(日)

開館時間:
10:00~18:00(入場は17:30まで)

休館日:
毎週月曜日
※ただし12月24日(月・振替休日)、1月14日(月・祝)は開館、翌12月25日(火)、1月15日(火)は休館。

会場:
世田谷美術館 1階展示室

観覧料

(個人)
一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円
(団体:20名以上)
一般 800円/65歳以上 600円/大高生 600円/中小生 300円
※団体は20名以上
※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料

●リピーター割引
会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。

開催概要

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。その多彩な活動を短い言葉で表すのは困難ですが、その作品は、どんなジャンルのものであってもシンプルな考え方から作られており、誰にでも(大人でも、子どもでも)親しめるものとなっています。本展覧会では、イタリア未来派に始まるムナーリの活動を、約300点の作品で振り返ります。