imgntv

企画展

開催中
田沼武能《年に一二回来た桶直しの巡回職人》[荒川区尾久] 1962年 [第1章 子供は時代の鏡]より 

企画展1階展示室

2019.02.09 - 04.14

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

開催概要

田沼武能(1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートしました。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真による連載で注目を集めたのち、アメリカのタイム・ライフ社と契約しフォト・ジャーナリズムの分野でも活躍。また、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問には1984年の初回からすべてに同行するほか、これまで120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影してきました。
卒寿を迎える今も写真家として第一線で活躍する田沼ですが、彼が子どもや文化人の写真と並びライフワークとしてきたのが、自身の生まれ育った下町を中心とした東京の写真です。戦後の焼け野原から出発し、様々な矛盾を内包しながらも再生を目指し激しく変貌した都市・東京。その諸相を捉えた写真作品180点を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点からご紹介します。
さらに、当館での個展開催にちなみ特別企画として、世田谷区ゆかりの文化人の肖像写真24点も展示します。これら多彩な作品により、田沼武能の写真世界の魅力をご堪能ください。

基本情報

会期:
2019年2月9日(土)~4月14日(日)

開館時間:
10:00~18:00(入場は17:30まで)

休館日:
毎週月曜日
※ただし2月11日(月・祝休)は開館、翌2月12日(火)は休館。

会場:
世田谷美術館 1階展示室

主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
後援:
世田谷区、世田谷区教育委員会、公益社団法人日本写真家協会、公益社団法人日本写真協会
協賛:
東京工芸大学、株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン
助成:
公益財団法人朝日新聞文化財団
企画協力:
株式会社クレヴィス

観覧料

(個人)
一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円
(団体)
一般 800円/65歳以上 600円/大高生 600円/中小生 300円
※団体は20名以上
※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料

●リピーター割引
会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。

開催概要

田沼武能(1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートしました。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真による連載で注目を集めたのち、アメリカのタイム・ライフ社と契約しフォト・ジャーナリズムの分野でも活躍。また、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問には1984年の初回からすべてに同行するほか、これまで120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影してきました。
卒寿を迎える今も写真家として第一線で活躍する田沼ですが、彼が子どもや文化人の写真と並びライフワークとしてきたのが、自身の生まれ育った下町を中心とした東京の写真です。戦後の焼け野原から出発し、様々な矛盾を内包しながらも再生を目指し激しく変貌した都市・東京。その諸相を捉えた写真作品180点を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点からご紹介します。
さらに、当館での個展開催にちなみ特別企画として、世田谷区ゆかりの文化人の肖像写真24点も展示します。これら多彩な作品により、田沼武能の写真世界の魅力をご堪能ください。

キーワードで探す: